第23回関ケ原合戦物故者慰霊祭

第23回関ケ原合戦物故者慰霊祭

現実世界はすべて霊界をうつしたもの(移写)であり互いに相関し影響し合っています。

 

霊界で起こったことが現実世界に写ってくることから、現実世界のことををウツシ世と呼んでいます。

大本では、戦争や災害、不慮の事故などで無念の死を遂げられた方々の想念が現実世界に写り、様々な出来事を起こす引き金になると教えられています。

関ヶ原は古来、壬申の乱や、関ヶ原の戦いで無念の死を遂げられた方がたくさんおられます。

関ヶ原で無念の死を遂げられたみたまさまを霊界でお救いし、現実世界に良い影響を写すために、この地にゆかりあるものが毎年、慰霊祭を執行しております。

今年で23回目の慰霊祭となりますが、今年はじめてご神水の散布が行われました。

ご神水は、祭典後岐阜主会の皆さまの手で東首塚、西首 塚、首洗いの井戸にそれぞれ散布されました。

大本岐阜主会関ヶ原慰霊祭ご神水